お尻の黒ずみは改善できるの?

お尻の黒ずみは改善できるの?

普段は衣服に隠れて見えない部分だけに手入れも怠ってしまいがちなお尻。

見た目が気になる!お尻の黒ずみの原因とは!?

haigsaosijail

お尻は普段は衣服に隠れることが多く、自分でもあまり気にする人も少ないとは思います。しかし、水着を着たり、温泉へ行ったときなどにお尻が黒ずんでいるととても恥ずかしい気持ちになって、気持ちが落ち込み、その後もなかなか楽しむことができなくなってしまいます。

お尻の黒ずみを効果的に改善させるためには、まず、お尻が黒ずむ原因をしっかりと知ることです。そのうえで自分のお尻の黒ずむ原因を見極め、原因に合った対策をしっかりと講じる必要があります。

お尻の黒ずむ原因にはどのようなものがあるのか、また、その原因に対してどのような対策を立てるとお尻の黒ずむを改善させることができるのか。お尻の黒ずむ原因と効果的な対策方法について紹介します。

お尻の黒ずみの原因と原因にあった対策法

肌は刺激を受けると刺激から肌を守るためにメラニン色素を大量に分泌します。お尻もほかの部分の肌と同じで、下着との摩擦で肌がこすれたり、座っているときの圧力を感じると、肌を守るためにメラニン色素を分泌します。これによってお尻が黒ずんだり、色素沈着を起こしてしまいます。

肌着はなるべく自分の体にぴったり合ったものを選びます。素材は通気性の良くないナイロン等の素材ではなく、肌に優しい天然素材のものを。入浴する際はごしごしこすらず優しく泡でお尻を洗うようにします。

長時間同じ姿勢で座っていると、お尻に圧力などの刺激が加わるので、こまめに立つようにするとお尻の黒ずみを防げます。

肌が乾燥すると乾燥から肌を守るため、ターンオーバーを早めることによって角質層を厚くします。角質層が熱くなりすぎた状態を過角化といいます。

過角化すると角質層にたまったメラニン色素が排出されにくくなり、お尻が黒ずんでしまい、肌がごわごわした感じになってしまいます。

過角化を防ぐためには、しっかり保湿を行うことが大切です。下着は自分の体系にぴったり合ったものを選び、素材は通気性の良い綿素材のものがよいです。

すでに過角化によっておしりが黒ずんでいる場合にはピーリング用の石鹸を利用して優しく余分な角質を取り除きます。そのあとしっかり保湿を行ってください。

お尻にかぶれや炎症などが起きると、その部分を保護しようとして色素沈着が起きることがあります。アレルギーによるかぶれや、ムダ毛処理の傷、ニキビや吹き出物などが原因となることが多いです。

かぶれや炎症の原因がわかっている場合には、原因となっていることをすぐにやめるようにします。かゆみを伴う場合、かきむしってますます炎症をひどくしてしまうことがあるため、かゆみ止めなどを利用してなるべくかかないように心がけます。

治療が必要な場合はしっかり原因を治療してから保湿やピーリングなどで解消させます。

ホルモンのバランスの乱れや変化でお尻が黒ずんでしまうこともあります。このような場合はホルモンのバランスが元に戻れば自然と消えていきます。しかし、ホルモンバランスが改善されても黒ずみが消えない場合にはほかの原因も絡んでいることもあります。

自分でできる!!お尻の黒ずみケア

お尻は自分ではなかなか見えにくい部分です。また、普段は衣服の内側に隠れているため黒ずんでいたりトラブルが起きていても、自覚症状がなければなかなか気が付きにくいものです。また、夏場でもめったに外に出す部分ではないため、手入れが面倒という人もいます。

しかし、お尻の黒ずみは一時になってしまうと気持ちまで沈んでしまいます。一度黒ずんでしまった肌は簡単に白くさせることは難しいため、黒ずみを解消させるには時間がかかります。そこで大切なのは普段からの努力。

日常生活の中で自分でできるお尻の黒ずみ対策をしっかりと行うことにより、できてしまった黒ずみを解消させるだけでなく、予防効果もあることができます。

夏場温泉やプールで気の合う友人たちと楽しんだり、彼とのデートで嫌な思いをしないためにも、今からでもお尻の黒ずみケアを実践してみましょう。

slkaskoasoiuasla;

お尻の黒ずみを解消させる日常の工夫

まずは自分の体形に合った下着を選びます。下着の締め付けがきついと、下肢の血行不良を引き起こし、下着の摩擦による黒ずみを引き起こしてしまいます。

素材にもこだわってください。肌触りや通気性の良くない化繊の肌着より、綿素材の肌着のほうが汗などを放散させるので蒸れを防ぐことができます。

入浴の際はナイロンたわしなどでごしごし洗うのはやめましょう。手で優しく石鹸を泡立てて泡で包みこむように洗い、洗い残しがないようにしっかりとゆすぎます。水分をふき取るときもタオルでごしごし吹くのではなく、タオルを押し当てて優しく水分を吸い取ります。

過角化してざらざらになっている場合には、時折ピーリング用の石鹸を使用します。しかし、ピーリング用石鹸は刺激が強いので数回に1回程度で押さえておきます。お尻を洗った後はしっかりと保湿を行います。

日常椅子や床に座っている機会が多い人は、こまめに休憩をとるなどして立ち上がり、座面とお尻の接触を軽減させます。やわらかいクッションなどを利用するのもおすすめです。

近年ではお尻の黒ずみケア用品も販売されています。ちょっと懐に余裕がある場合や、できるだけ早く黒ずみを解消させたい人は使用してみるのも良い方法です。

ただし、肌質に合わない場合もあるので、最初からたくさん購入しないで、お試しセットなどから始めてみるとよいでしょう。不安であれば返金保障のついているものを利用すると安心です。

 

セルフケア
カテゴリ
最新の投稿