お尻の黒ずみは改善できるの?

お尻の黒ずみは改善できるの?

普段は衣服に隠れて見えない部分だけに手入れも怠ってしまいがちなお尻。

皮膚科によるお尻の黒ずみ治療方法

目安時間 約 3分

ksoajiosjaksasa

お尻は自分では見えない部分だから気にしないという人もいます。普段でも衣服に隠れてほとんど人目に触れる部分ではないため、特に手入れの必要がないと放置してしまう人も多いのです。

その結果気が付いてみたら自分では手の施しようがないほどひどい状態になっていることも少なくありません。

いくら自分では見えない部分だとはいえ、温泉などに行くと嫌でも人目に付きます。温泉だけでなく、水着やセクシーな衣類を身に着けるときなども、お尻が黒ずんでいればそれだけで気持ちがへこんでしまいます。また、周囲の人からはお尻の手入れも行わないほどだらしがない人と映ってしまいます。

自分でできる改善方法を必死に行ってみてもなかなか改善しない人や、セルフケアをじっくり行っている時間的な余裕がない人などは一度病院で治療を受けることも考えてみましょう。

お尻の黒ずみはどんな治療が行われるの?

 

まず黒ずみがひどい場合には医療用レーザーを用いて黒ずみの原因となっているメラニン色素を破壊していきます。また、角質層を除去するレーザー、ピーリングレーザーを使用する場合もあります。

どちらお治療も保険外診療になるため、1回の施術で5万円ほどする場合もあります。1回のレーザー治療だけでは効果は表れないため、効果が表れるまで行うと50万円ほどかかることもあります。

そこまでひどくない場合にはケミカルピーリングを処方します。ピーリング剤を使用して角質層を取り除き、肌の新陳代謝を促進させることで黒ずみなども消え透明感のあるお尻に生まれ変わらせることができます。

皮膚科ではそのほかに塗り薬や飲み薬によってお尻の黒ずみを改善させます。ハイドロキノンやトレチノインといった美白成分を配合した塗り薬と、ビタミンCやE,トラネキサム酸など、体の内側から黒ずみを改善させる飲み薬が処方されます。

いずれの場合も薬なので処方を間違えると副作用などを引き起こす場合もあります。しっかり医師の指示に従いましょう。

もちろん病院で治療を受けているから日常生活ではなにをしてもよいのではなく、日常生活でできるセルフケアをしっかり行ったうえで病院での治療も受けることでより効率的にお尻の黒ずみを解消させることができます。

 

この記事に関連する記事一覧

セルフケア
カテゴリ
最新の投稿